頑張れエド!訓練は楽しい!!!

輪くぐり芸?まるでサーカスのよう・・・。

盲導犬としては、まずこんな場所を

歩いたりしないけど、

どんなところでも恐がらずに歩けるように

なるための訓練なのです!!

エドは結構楽しそうでした。

急な坂道もへっちゃらさ!

ちょっぴり段差や高さのあるところでも

スイスイと誘導できるようになるための訓練!

ちなみにエドのリードを持っているのは

妹の「すもも」です。

棒の間をスルスルと・・・。

ご褒美を使って訓練すれば、

あっという間に覚えてしまうのです。

棒に体がぶつかっても、

恐がったり嫌がったりしません!!

ただ歩いているだけではありません。

犬を先に歩かせないための訓練です。

人間の方が優位な立場にいることを、

身体で覚えさせるのです。

すももは相当の速さで歩いているらしい・・・。

だから少し、引っ張られている感じ??

訓練は、室内でも行われます。

イロイロな地面の感覚でも歩くのを

嫌がらないようにするためにジュータンや

紙、プラスチックのものなどを敷いたりして、

その上を歩かせます。目線の場所には

障害物があったりして・・・。

ちなみに、リードを持っているのは父です。

障害物の棒を恐がらずにまたぐ訓練。

人間が楽しげに歩くことで、

これは楽しいこと?と思わせるのも手です。

大丈夫かなぁ・・・。と思いながらだと、

犬の方にそれが伝わって、

えっ、恐いことなの?コレ?なんて

思ってしまうこともあるので要注意。

訓練は、人間も楽しみながらがgood!!

これは、訓練のほんの一部です。こんな風に、みんな盲導犬になるために頑張っています。
でも、これは盲導犬になるための本格的な訓練ではありません。
本格的な訓練を受けるための訓練とでも言えばいいのでしょうか・・・。
こうして、パピーたちは、立派な犬へと成長してゆくのです!!
頑張れ、頑張れ、エドワード!!!

注意)決して、仮面を被って訓練をしているのではないのです。
済みません一応、顔を出さないように・・・の画像処理です。(笑)