**********
眠れない夜
**********
「ももつぶ」より抜粋

眠れない夜。

なんとなく、眠れない夜です。なんとなく、不安な夜です。
何が、というわけでもないけれど、なんとなく、なんとなくです。
ベッドに入って眠ろうとすればするほど、イロイロなことが頭の中でグルグルグルグル。
心臓がバクバクバクバク。困ってしまいます。
インターネットでもして気持ちを落ち着かせようと今こうしてつぶやいています。
なんでなんだろぉ。。。こんなに眠れない夜。なんとなく、なんとなく、淋しい夜です。
ダーリンの寝息を聞きながら、今こうしてつぶやいています。

なんとなく、なんとなく、ひとりぼっちの夜です。

 

手をつないだ夜。

昨日眠れなかったのが嘘のように、というか、寝不足だったから余計??(笑)
今日は熟睡できました。ああ、すっきり。とはいえ今日は月曜日。
また一週間の始まりデス。口うるさい社長のお小言を聞きながらの仕事は、
ほんと、ストレスたまります。

で、きのうなんであんなに眠れなかったんだろうって考えたんですが、
なんだかとっても簡単なことでした。たぶん、手をつないでもらえなかったから……。
眠るときはいつもどちらからということもなく手が触れるとぎゅうって手を繋いでいたんです。
でも、昨日はダーリン相当疲れていたらしくて、
背中向けてあっという間にイビキかいてしまってた。(笑)
そんなこんなで、なんとなんとなく、淋しくなってしまっていた私がいたのでした。

今思えばたいしたことじゃないんだけど……。

そして今日。(というか昨日の夜)相変わらず疲れ気味のダーリンの手を無理やり引っ張って
ぎゅーってしてみました。面倒くさがられるかなと思ったけどぎゅーって握り返してくれました。
それだけなのに、なんかホッとしてしまった。そのあとすぐイビキかいてたけどね。(笑)

気がついたんです。もっと素直になれば、ダーリンは私の気持ちを
ちゃんと受け止めてくれるんだって。いつでも手を差し伸べてくれるんだって。
なんか変なの。夫婦なのにね。こんなこと改めて気が付くなんてさぁ。
でもやっぱり照れくさいじゃん。素直になるのってさ。

このつぶやきを書いててもちょっとこっぱずかしいももなのでした。

 

悲鳴をあげた夜。

手をつないで眠ることが習慣になっている今、手をつなげない夜はちょっと淋しい……。
なんてなんて、つぶやいてみたけれど、それは大変危険なことだと今日の朝方知りました。
それはもう、強烈な痛みをともなって……。

いつものように、ちょっと手が触れる程度で手をつなぎながら、
私たち二人はスヤスヤと眠っていました。私はたまにうつらうつらとしながら、
側にダーリンがいることにホッとしながら、「ラブラブだわー」なんて思いながら。
しかし、次の瞬間世にも恐ろしいことが!ダーリンが急に私の人差し指を握り締めたのです!
いや、それは握り締めたという表現ではないのです。指が曲がる方とは逆方向に
(つまり手の甲に向けて)引っ張ったのです!!!!私はたまらす悲鳴をあげました。
「うわぁぁぁぁぁ!!!痛いよおぅぅぅぅぅ」
ダーリンは寝ぼけ眼で私の顔を見ながら、頭をポンポンと叩いて何故か安心していました。
「エーン。何なんだよぅ???なんか怖い夢でも見たのぉ?」と私が聞くと、寝ぼけながら
「お前の顔が危なかったんだよ」という言葉を残してまた眠りの中に。
私の頭の中はクエスチョンマークがいっぱい!!!!!???????
それでも私も睡魔には勝てずにまた眠りの中へ。

ダーリンが会社へ行く時、私がもう一度「なんだったのぉ???」と尋ねたんですが、
また「お前の顔が危なかったんだよ」と言ったまま「いってきます!」と出かけちゃいました。
私の目覚ましが1時間後ぐらいに鳴って、起きた時に人差し指を見てみると
なんと腫れているではないですか!!
今は、湿布をしながらこうしてつぶやきを書いています。

手をつなぐのもラブラブでいいけれど、ときには手をつなぐのをガマンした方がイイのかも。
と、思い知らされた朝なのでした。眠れない夜から続くつぶやき3部作のラストでありました。
やっぱり私の人生ギャグなんだわ。。。。。あー痛い!!!

今日家に帰ったら本当に何だったか追求せねば!!!
この結果は明日のももつぶで・・・・・・。

夢を見た夜。

昨日、仕事から帰ってきたダーリンに問い詰めてみました。そしたら、はははは。
と笑いながら、私に言ったのです。
「だから、お前の顔が危なかったんだって」
「・・・・・?」
相変わらず意味の分からない私。そんな私にダーリンは昨日見た夢を語り始めました。

二人で道を歩いていたらしい。そしたら、変質者みたいな、通り魔みたいな感じの女の人が、
鉄板で出来たポスター?看板?みたいなものを私めがけて投げつけてきたそうで……。
あと少しで私の顔にざっくりと突き刺さる寸前だったそうです。
で、とっさにダーリンは夢の中で私の手を引っ張り……。

と、それが現実では、私の人差し指を引っ張りとなったわけで。
なるほど、指を引っ張ったあと、私の顔を見て頭をポンポンと叩きながら
安心したような顔をしてまた眠ってしまった理由が良く分かりましたとさ。(笑)

とりあえず、私を助けてくれたのね?ということで、まだ人差し指には湿布が貼ってるけど、
良しということにしようっと。でも、ダーリンに言われちまいました。
「手をつないで寝るのやめた方がいいんじゃない?」と。
でもここ数日で素直になることを大切だと知った私は、「えーいやだ!」と言えたのでした。

でも、さすがに昨日の夜は手はつなぎません出した。

おしまい

新婚当時に「ももつぶ」で書いた日記です。ログの整理をしていたら出てきました。
今は結婚4年目ですが、いつまでもこの時の「ラブラブ」な気持ちと、「素直になろう」
という気持ちを忘れないようにと、エッセイとしては異例ではありますがココに掲載する事にしました。

へもどる

エッセイのトップへもどる