<001>
今、私に必要なものは、本物を見分けるチカラ。

 

<002>
少しづつ強くなっていった自分を今は後悔していない。
誰かが守ってくれるわけでも、涙を拭ってくれるわけでもないから。

 

<003>
逃げようとすることは、自分を突き落とすコトと同じ。

 

<004>
泣かない女なんかこの世にいない。ただ、泣けないだけなんだ。

 

<005>
本音を曖昧にするのはいけないとあなたは言う。
私の存在を曖昧にしておきたいとあなたは思う。

 

<006>
理由なしで風は吹かない。

 

<007>
どんなに遠くても、たどりつける強さ

 

<008>
真っ直ぐに生きることは、こんなにも難しい。

 

<009>
電話をしないのはプライドのせいだけではありません。
声を聞くと逢いたくなってしまうから。

 

<010>
約束は要りません、ただ努力を怠らないで。

一行詩のindex


<011>
「素顔で笑顔」本当の心で笑える人は、とても素敵だと思う。

 

<012>
知らないうちに大好きでした。

 

<013>
「いま、何がいちばん大切ですか」そう聞かれてあなたは何と答えますか。

 

<014>
失敗することより、諦めてしまうことのほうがほんとうは恐いと思う。

 

<015>
伝わり合えるってことは、めちゃくちゃ"カッコイイ"ことだよね。

 

<016>
あなたに出逢って、ラブ・アンド・ピースの意味を知りました。

 

<017>
頑張りすぎていませんか?

 

<018>
あなたは、友達と言う名の恋人でした。

 

<019>
「独りでも平気だよ」がもう言えない。

 

<020>
出逢ったことを誇りたい。

一行詩のindex


<021>
「強さ」は時に「弱さ」になる。

 

<022>
ダイスキヲカタチニスルノハムズカシイ。

 

<023>
人間はアクマとテンシとの間にできる子供です。

 

<024>
あなたの瞳に映るものは、すべて大切なもの。

 

<025>
夢あるんでしょ?なら大丈夫だよ。

 

<026>
恋心は歳をとらない。

 

<027>
心を洗濯しよう。

 

<028>
泣けるのは、心にまだゆとりがあるから。

 

<029>
試しに生きてごらん。

 

<030>
知らないことが多すぎることを知った。

一行詩のindex


<031>
自分の足音が聞こえる場所。

 

<032>
遠くを見れば、近くが見えるかもしれない。

 

<033>
大切な人が生きているという幸せ。

 

<034>
風邪をひかないように自分を抱きしめた。

 

<035>

           あなた
人と人をつなぐのは「人間」です。

 

<036>
1分は、たったの60秒。

 

<037>
簡単な言葉ほど言うのが難しい。

 

<038>
ピアスを心臓に突き刺すように、心を飾っていた。

 

<039>
強い人は優しい。

 

<040>
むなしいとは"空"と書きます。
だからみんな、悲しいと空を見上げるのでしょうか?

一行詩のindex

<041>
人間の唇は温かい。

 

<042>
失い続けて得たもの。

 

<043>
私の心に向日葵の種を植えてくれた人。

 

<044>
「大好き」はどこから生まれるのだろう。

 

<045>
アナタニデアエテウレシカッタ。

 

<046>
心、呼吸しよう

 

<047>
あなたのすべては、今始まったばかり。

 

<048>
子供の頃あこがれていたもの。

 

<049>
文字を打つだけじゃない、心も打つんだ。

 

<050>
あなたの"ファイト"でありたい。

一行詩のindex

<051>
物惜しみなく、あなたを想う。

 

<052>
自分の存在理由を考えてみる。まずは、ここから。

 

<053>
届かない思いは誰にでもあるよ。だから大丈夫。

 

<054>
あなたと感動を分かち合いたい。

 

<055>
死のカタチは、その人の生き方。

 

<056>
洗濯物が乾きません。いつも泣いてばかりいるから。

 

<057>
言葉は私の一部です。

 

<058>
秘密の花園は誰にでもあるんだよ。

 

<059>
「夢」は大切にしまいすぎちゃダメ。

 

<060>
「まあ、いいか」は言っても良い時と悪い時があります。

一行詩のindex

<061>
泣きたくなるのは、生きている証拠。

 

<062>
ちょっとだけなら、後ろを振り向いてもいいよ。

 

<063>
ケンカも失恋も涙も、みんな大切な私の青春。

 

<064>
ずっと守り続けたいものがあります。

 

<065>
明日は晴れるよ、大丈夫。

 

<066>
忘れたはずのあの人が、夢の中に出てきてしまう。

 

<067>
あなたがあなたであること。それが一番大切。

 

<068>
季節は巡ってくるけれど、今年の秋は一度きり。

 

<069>
帰る場所があるという幸せ。

 

<070>
途中下車は立ち止まることではないと思うよ。

一行詩のindex

<071>
すべての涙は明日につながっている。

 

<072>
一日の終わりにあなたを思う。

 

<073>
あなたとの距離が、未来への幸せ。

 

<074>
ポケベルがなくなって、ケイタイがなくなって
テレパシーだけが残るのかな。

 

<075>
ビスケットの砕けたカスみたいな今の気持ち。

 

<076>
運命は突然にやってくる。

 

<077>
私を泣かせた人。

 

<078>
伝えられない思い。伝えてしまった思い。
取り戻せない時間。くり返す想い出。

 

<079>
あなたの重さを感じていたい夜。

 

<080>
仲良しの「じゃあね」は楽しい。

一行詩のindex

<081>
ため息をつくと、よけい疲れちゃうのにね。

 

<082>
つまり、愛してるということ。

 

<083>
あなたがいれば「えぃ!やぁ、とぉ〜」って辛いことも乗り越えられる。

 

<084>
私と出逢う前、あなたはどこにいたの?

 

<085>
つまづきながら前へ進む。

 

<086>
自分サイズでできることから始めよう。

 

<087>
いくら気取っても、いい女にはなれない。

 

<088>
丁寧に愛したい。

 

<089>
想い出を食べて生きてゆく。

 

<090>
その部屋が心地好いのは、そこにあなたがいるからです。

一行詩のindex

<091>
時間を無駄にしないのは時間だけ。

 

<092>
涙が出るのは、あくびのせいよ。

 

<093>
大切なのは、何を学んできたかということよりも、
これから何をしたいのかということだと思う。

 

<094>
世の中分からないことだらけ。だから、面白いんだ。

 

<095>
認めてほしいのは、勇気を持てたという事実。

 

<096>
この宇宙に、あなたという人は一人きり。

 

<097>
我儘さえも愛しい。

 

<098>
いくつになっても恋は暖かい。

 

<099>
人を愛するのに資格なんていらないよ。

 

<100>
言葉は音符。

 

 <101>からの続きを読む

一行詩のindex

へもどる