<101>
言霊は私とあなたを巡り逢わせた。

 

<102>
とっておきのKissをしよう。

 

<103>
寒い冬はあなたにくるまって眠ろう。

 

<104>
友情という名の呪縛。

 

<105>
つまらない恋はしない。

 

<106>
いつもの紅茶が甘く感じた朝。

 

<107>
また一人、友達が結婚してゆく。

 

<108>
一番近くの一番遠い人。

 

<109>
歳を重ねられるということは、こんなにも素晴らしい。

 

<110>
人を見くだすのは、実はその人より低い位置にいるのを悟られないため。

一行詩のindex

<111>
すべては、どこかでつながっている。

 

<112>
今そこにある暖かい手を大切にしたい。

 

<113>
誰だってみんな、ドキドキしながら生きている。

 

<114>
キミがいた風景。

 

<115>
二度とは逢えない人にめぐりあいました。

 

<116>
悲しいときにこそ、笑おうよ。

 

<117>
散歩道、名もない花に自分を見つけた。

 

<118>
生きる勇気と愛する希望に包まれて。

 

<119>
あの人が生きていた季節は、今も私の心の中に。

 

<120>
憶病になるのは、きっと大切なものがあるから。

一行詩のindex

 

<121>
まずは、自分を愛することが初めの一歩。

 

<122>
言葉が伝える私の鼓動。

 

<123>
微かに感じる生命の音を、あなたは感じることが出来ますか。

 

<124>
動き出す命の力。

 

<125>
何だろうコレ?もしかして恋?

 

<126>
幸せは、両手を広げてあなたを待っています。

 

<127>
悔しい思いは人を成長させる。

 

<128>
自分とは違う考えだからといって、
受け入れないのは負けを認めたこと。

 

<129>
キレイごとの言葉ばかりが頭の中を蠢く。
本当は自分が一番可愛い。

 

<130>
とてつもなく広い空間の中に、埋もれていく不安。

一行詩のindex

<131>
探していた唇。

 

<132>
心の入り口は、暖かい手のひら。

 

<133>
どんどん欲張りになってゆく。

 

<134>
呪縛のようなあなたの視線。

 

<135>
嘘は人を傷つける。嘘は人を救いだす。

 

<136>
人生の味つけに、あなたのちょっと辛口のコショウをかけて。

 

<137>
あなたのメインテーマは見つかりましたか?

 

<138>
今、気になるもののルーツがここにある。

 

<139>
これからの私を見てほしい。

 

<140>
言葉の奥に隠されている大切な心を読みとって。

一行詩のindex

<141>
ずっとずっと覚悟はしていたのに。

 

<142>
時間をかけてゆっくりと・・・。幸せになってゆくはずだった。

 

<143>
間違っているの?私は間違っているの???

 

<144>
私の未来をあなたにあずけて。

 

<145>
いつまでも心のどこかにとどまったまま、
その姿を決して見せない昔の恋。

 

<146>
空気のように触れてください。

 

<147>
呼び慣れた名前。

 

<148>
休日には、頭を休めよう。身体を休めよう。心を休めよう。

 

<149>
人の言葉と書いて「信じる」と読みます。

 

<150>
逃げ出すのは簡単だけど、逃げ続けるのは難しい。

一行詩のindex

<151>
待っていることの苦しさ。

 

<152>
頑張れ、頑張れと、私の中の「私」が叫んでいる。

 

<153>
少しずつ、ふたりぼっち。

 

<154>
心の冷たさが、言葉に出てしまわないように・・・。

 

<155>
支えられることに慣れちゃダメ。

 

<156>
涙の後に美味しい紅茶はいかがですか?

 

<157>
滑って転んだら起き上がろう。アイテテテ、青あざだって勲章だ!

 

<158>
お電話ください。寂しいです。

 

<159>
背中に付いた見えない翼が、飛びたいと叫んでる。

 

<160>
シンプルな言葉が胸に刺さる。

一行詩のindex

<161>
想い出は止まらない。

 

<162>
涙でトゲを洗い流そう。

 

<163>
「今日を乗り切れば」と毎日を生きる。

 

<164>
あなたを怒らせるのは簡単なこと。

 

<165>
愛される恋を知りました。

 

<166>
広角レンズの心で世の中を見ようよ。

 

<167>
人をうらやむ前に努力しよう。

 

<168>
慌ててニセモノを掴まないようにネ。

 

<169>
傷ついてもいいから、今この時をめいっぱい生きたい。

 

<170>
希望は進化してゆく、そして情熱は孵化する。

一行詩のindex

<171>
うまれた時の勇気を思い出そう。

 

<172>
私が女に生まれた理由。

 

<173>
恋愛映画を見て泣けますか?

 

<174>
ハートが破れる音を聞いた。

 

<175>
本当は返したくなかった、あなたの部屋の鍵。

 

<176>
泣き方を忘れた夜。

 

<177>
人生にリハーサルはない。

 

<178>
さよならよりも苦しい、無言のKiss。

 

<179>
「何かやりたい」と「何かやる」は全然違うから。

 

<180>
もうすぐたどり着けるかもしれない、優しい未来。

一行詩のindex

<181>
ゆっくりと進んでもいつかたどり着ける。

 

<182>
私より辛い人はもっとたくさんいる。

 

<183>
もう一度一生懸命。もう一度汗をかこう。

 

<184>
私達は宇宙の中のほんのひと欠片。

 

<185>
大好きすぎて泣けてくる。

 

<186>
どうか"ときめき"をなくさないで。

 

<187>
心が疲れてしまったら、一休み一休み。

 

<188>
自分の存在理由を言えますか?

 

<189>
逢えないのは淋しいね。心が通じないのはもっと淋しいね。

 

<190>
39度2分の熱を出した。あなたに一番逢いたくなった。

一行詩のindex

<191>
言葉のない告白。

 

<192>
音楽は流れる。恋は生まれる。

 

<193>
「お酒はほどほどに」は、「愛しています」と同じです。

 

<194>
たった一言でいい、今日であった言葉に感謝しよう。

 

<195>
雨の音さえも愛しい。

 

<196>
新しい一日に目覚める、希望という名の朝。

 

<197>
たったひとつの嘘が、やがて自分を傷つけていく。

 

<198>
支え合いたい。

 

<199>
結婚という名の「命」。

 

<200>
これからの自分をもっともっと大切に。

 

  <201>からの続きを読む  

一行詩のindex

へもどる