<401>
目指しているのは、私らしい私の未来。

 

<402>
特別の日には、特別の服を着て。

 

<403>
優しさに応えられない自分がもどかしい。

 

<404>
ワガママと主張は違うと思う。

 

<405>
あなたの可能性は、未来へと続いている。

 

<406>
限りなく「さよなら」に近づいた午後。

 

<407>
一つのことすら満足に続けられないくせに、
新しい何かを見つけたいと思うのはきっとワガママですね。

 

<408>
意味もなく吐き捨てられる、罵倒の言葉。
心が病んでいる。可哀相に。
そう思おうとしても消えない浴びせられた言葉。

 

<409>
隠れ家を探し出すように、小説の中に没頭する。

 

<410>
特別の出逢いだとは知らずに、無駄に過ごしていた時間。

一行詩のindex

<411>
カエデの葉のように一生懸命に両手を広げて、
何かを掴み取ろうとする気持ちが大切なんだよね。

 

<412>
それでも私は新しい何かを捕まえようと、もがいている。

 

<413>
一番近くの、一番苦しい存在。

 

<414>
黄昏時は私を優しさへと導いてゆく。

 

<415>
いつまでも子供ではいられない。
いつまでわがままではいられない。

 

<416>
季節を感じよう。自分が生きている証拠になるから。

 

<417>
新しい未来のために、今こそ立ち上がろう。

 

<418>
ずっとずっと夢見ていた自分自身に
もうすぐ出逢える気がする。

 

<419>
心に刺のある言葉使いをする人は、
きっときっと、寂しいのだと思う。

 

<420>
飾らなくったってイイ。平凡な言葉でも心は伝わるから。

 一行詩のindex

<421>
ここからが始まり。初めの一歩はいつだって大変なんだ。

 

<422>
ひとつひとつ乗り越えて、
ふっと振り向くと遥か彼方にスタートラインが見えるはず。

 

<423>
心の痛みが、体の痛みとなる。それがボーダーライン。

 

<424>
自分から動きださなくちゃあ、何も始まらない。

 

<425>
明るい明日のためにまずは歩きだそう。
きっとゴールは見えてくるから。

 

<426>
大切なことは、自分に嘘はつかないということ。

 

<427>
もがいても、もがいても、からみつく悪夢のように、毎日を繰り返す。

 

<428>
笑顔を見せてください。それだけで私は幸せになれるのです。

 

<429>
歌を聴いた。昔大好きだった人と聴いた歌を。

 

<430>
手を軽く握り返してもらえた時のような、幸せの温度。

一行詩のindex
↓ココから

<431>
いくつもの季節を繰り返し、私は四季のように強くなった。

 

<432>
新しい何かを見つけようとするなら、
今までとはちょっと違う角度で世界をみなくちゃ。

 

<433>
命あるものがすべていとおしいと思えたあの頃。

 

<434>
一人、また一人、音信不通の友達が増えていく。

 

<435>
時間に余裕のない今だからこそ、心に余裕を持とう。

 

 

つづく・・・・・・。

 一行詩のindex

へもどる