「届かない思い」

 

水面に浮かぶ太陽を捕まえようとしても、

眩しい光にさえぎられ、

手を伸ばすことさえもできないでいる。

あの人の存在は、手が届きそうで届かない、

とてつもなく大きいもの。

まるで私達を照らす太陽のように・・・。

 

 

 

 

へもどる
言葉のパズルのもくじへもどる