「嵐のように」

 

夜の鳴き声を聴きましたか?
強い風が空を切り裂く音となって、
窓をガタガタと揺らします。

 

ベッドで横たわる冷えた体に
温かく触れる腕もなく、
一人丸まるようにして目を閉じました。

 

雨の叫び声を聴きましたか?
大粒の涙が屋根を鳴らす爆音となって、
私の眠りを妨げます。

 

枕もとの鳴らない携帯電話を
恨めしそうに眺めては、
一人ひざを抱えて眠ろうとしていました。

 

あなたのいない夜は、
少し天気が悪い日でも
まるで嵐のように感じるのです。

 

へもどる
言葉のパズルのもくじへもどる