「思い出の音符」

 

恋が始まった頃に流行ったバービーボーイズのあの曲。

目覚まし代わりに聴いたユーミンのテープ。

今一番お気に入りと言っていた久保田利信のリズム。

別れの朝に流れていたタイトルも分らないあのメロディ。

すべて私にとっては大切な音符たち。

ずっとずっと心に留めて置きたい、かけがえのないもの。

いつまでも思い出と隣り合わせでいたい。

前に進みたくないっていうマイナスの気持ちなんかじゃない。

たくさんの過去が今の私を作り出していると知っているから。

だから今も一緒にいるよ、思い出の音符たち。

 

へもどる

言葉のパズルのもくじへもどる