「それでも私は恋をする」

 

雨の中をさまよっても、

風の強さに吹き飛ばされそうになっても、

いつでも私は恋をしていたい。

 

太陽の陽射しに目を開けられなくなっても、

降り積もる雪に埋もれてしまっても、

いつでも私は恋をしていたい。

 

なぜなら、それが私らしい生き方だから。

 

 

へもどる
言葉のパズルのもくじへもどる