<今までで一番の笑顔・1>

 

「ブラディーメリー、少しちょうだい」

「いいよ、ウォッカがちょっと強いかもしれない」

「大丈夫」

「それじゃどうぞ」

彼女は、グラスを唇へ運んだ。
彼は、彼女と交換したカロアミルクを一気に飲みほした。
とても甘く香ばしい薫りが、彼の喉に広がった。

「手を見せて」

「何なの?」

彼女は不思議そうにしながらも、グラスを持っていない左手を差し出した。
彼は、側に丸まっていたストローの包みを両手でのばし、
彼女の左手に持っていった。
そして、すらっとのびた白くてしなやかな薬指に、結びつけた。

「どうしたの?」

「婚約指輪・・・」

「幼稚園の子供みたいなことするのね」

彼女は優しく微笑んだ。

 

 

<今までで一番の笑顔・2>

「もしもし」

「はい」

「今からそっちへいくよ」

「ええ」

「車だから20分くらいで着くよ」

「はい、コーヒーいれて待ってます」

そう言って彼女は受話器を置き、クローゼットへと歩いていった。
昨日買ったばかりのブルーグレーのカシミアのセーターを
素肌の上にさらっと着こなした。柔らかなカシミアの風合が彼女は好きだ。
ブルージーンズにカシミアのセーター一枚だけのシンプルなスタイルが、
彼女の美しさをより引き立たせていた。

しばらくするとエンジンの音が聞こえてきた。
彼の車だ。真っ赤なボルボ。ステーションワゴンタイプ。
そして、彼女の家の前でそのエンジン音は止まった。

「いらっしゃい」

彼女は、バルコニーから下を見下ろして彼に言った。
彼は上を見上げて手を上げる。
彼女は、階段を降りていき、玄関へと歩いていった。
そして、ドアのロックを外した。

「20分もかからなかった」

「そうね、15分くらい?」

「いい匂いだね、新しいコーヒー?」

「そう、けさ開けたばっかり。さぁ上がって」

彼は、家に上がっていき、入れたてのコーヒーを2杯飲んだ後、
小さな包みを彼女の手のひらにのせた。

「何なの?」

なになの。という言葉遣いは彼女の口癖でもある。
彼は彼女のその言い方がなぜか妙に好きで、その言葉を聞くために
ときどきわざととっぴなことをしてみせたりする。

「開けてごらん」

「はい」

まるで、幼い子供がキャンディーをもらって喜んでいるような顔をしていた。
多分中身がピアスであることを彼女は知っていた。
ついこの間、お気に入りだったプラチナのシンプルなピアスをなくしたことを
彼に話していたから。
彼女は、気がついていない振りをしながら包みを開けてみせた。

「あっ」

「指輪のサイズ、やっと分かったから」

「少女漫画みたいなことするのね」

彼女は優しくほほえんだ。そしてこうつけたした。

「ストローの包み紙の指輪でも十分嬉しかったのよ」

その時の彼女の笑顔は、今までの中で一番だった。

※このストーリーを書くに当たってエピソードを提供してくださった友達に感謝致します。

 

 

へもどる

超短編小説のインデックスへもどる