<一日の始まり>

 

彼の腕の中で彼女は目覚める。
一度大きなあくびをして、彼の顔を覗き込む。

一晩中、彼女の腕枕になっていたせいで、彼の右手は痺れきって
まるで自分のものではないようだった。
そんな彼の腕を面白そうにつっつきながら、

「ねぇ、おなかすいた」

と彼を起こそうとする。

「待ってくれ、もう少し眠らせてくれよ」

と彼が言うと、彼女はしばらくの間、駄々をこねていたけど、
諦めて顔を洗いにベッドから出ていく。
彼はいつのまにかまた眠っていた。
彼女もまたせっかく顔を洗ったのに、彼の頬に寄り添うようにして眠っている。
彼がむっくりと起き上がって、彼女の鼻にKissすると、

「ねぇ、おなかすいたの」

と眠たそうな目をこする。

もうこれ以上我慢できそうもないだろうと
彼がベッドから降りると、彼女は目を輝かせながら

「にゃぁ〜」

と鳴いて一目散にキッチンへ駆け出していった。

平凡だけど、幸せな一日が始まる。

 

 

へもどる

超短編小説のインデックスへもどる