<女もオオカミ?>

 

 

「どうせ今日もまた、誰かの送りオオカミするんでしょ!」

「オイオイ、人聞きの悪いこと言うなよ」

「ホントは図星なんじゃないの?」

彼と彼女は大学時代からの親友だ。
1年半ぶりだろうか、二人は偶然店で再開した。昔、仲間とよく通った店だ。

「でも、変わらないねこの店。それからアナタも」

「お前だって変わってねーよ」

「そう?私けっこう変わったんだけどな」

「どこが?」

「さぁ・・・とりあえず変わったな、あの日から」

「あの日?」

「仲間内だけでやった卒業パーティーの日からよ。
あの時こと、忘れたとは言わせないわよ!」

「そうだっけ?」

彼は決まり悪そうにグラスを口に運んだ。

「まったく、思い出させてあげましょうか?」

「えっ?」

「だから今日も、私の送りオオカミしなさい」

「お前、変わったなぁ」

「だから、さっきそういっだじゃない。・・・・ねっ?」

彼女は、嬉しそうに小声で言った。

 

へもどる

超短編小説のインデックスへもどる